こちらのサイトをJekyllでつくりましたーーJekyllの利点と使い方

なぜ新しくサイトを作ったか、またJekyllを使う利点とJekyllの使い方をどうやって学んだかを簡単にまとめました。

ここ3年近く、自分のブログを Serial Foreigner というサイト上で運営していましたが、今回自分のプロフィールページとブログ更新を一体化したサイトを作りたいと思い、こちらのサイトを開設しました。

今後はブログ更新も本サイトのブログページ内で行っていくつもりです。

解決したかったこと

以前のサイトには以下のような課題を感じていました。

Jekyll を使う利点

こうした課題をどう解決できるか、ウェブ開発に詳しい友人と話していたところ、その友人Dから「Jekyllでサイトを開発したらいいんじゃないですか?」と提案を受けました。

Jekyllというのは静的サイトジェネレーターで、Githubの創業者が開発したものです。

いろいろと話を聞くと以下のような利点があることが分かりました。

Wordpress以外のものでサイトをつくりたい、gitやSassなど、それまで使ったことのないものも使ってみたい、という気持ちも大きかったのでJekyllでサイトをつくることにしました。

Jekyll でサイトづくりをするにあたって

Jekyllのサイトづくりを進めるにあたって参考にしたものは主に以下の通りです(一部)。

個人的には、Giraffe Academyのチュートリアルがめちゃくちゃ分かりやすかったです。 英語が不安な方は、プログラミング学習動画サイトのドットインストールでもJekyll入門コースがあります。

私はHTMLとCSSの基本はすでに分かっていたので、その分楽に進められたのですが、HTMLとCSS初心者の方は先にオンラインなどで学習することをおすすめします。

こうして、仕事のかたわらサイトづくりをすすめること3週間。。ようやくサイトのオープンにいたりました。

なお、こちらのgithubのレポジトリー上でファイルの詳細はご覧いただけます。ご興味があれば、参考にしてみてください。

それでは!

Latest Posts